読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

「言の葉大賞」 解決編

まずは予約していたレンタカーを受け取りに、重い心と旅行バッグを引きずって迎えの車に乗り込んだ。

レンタカーを借りて、コンビニの駐車場へ。

とにかく一息つきたい。

 

いっそ、バッグごと忘れてきたなら諦めもつくのに、目の前にあるバッグが開けられないだなんてーーーーー!!!

何だー!この欲求不満は!!!

独身の時だって、ここまでの欲求不満は経験したことないぞーーー!!!

 

それぞれトイレを済まし、飲み物で心を静める。

子どもたちは車に乗り込み、トランクの後ろでは私たち夫婦の作戦会議。

いや、会議つったって、壊すか壊さないかの2択しかないんだけど。

 

「とりあえず何かでカギを開けれないか?」

と、長女のヘアピンでカギ穴をカチャカチャし始めた父ちゃん。

「昔取った杵柄!!腕を見せろ―!!」

激しく応援する私。

 

全くもって、無理。

 

「細くて長いものーー。細くて長いものーー。」

呪文のように繰り返しながらバッグをあさる私は「合うはずないんだけど、結局、こんなものしかないんだよねー」と、残りの旅行バッグのカギを2つ取りだした。

 

今回の旅に持ってきた旅行バッグは、3つ。

カギを忘れた大きな旅行バッグは武田家のバッグ。

それ1つでは足りないからと、友人が2つ貸してくれていたのだ。

 

まずは一つ目。

カチャカチャ。。。

やっぱね。合う訳がないよね。

そもそも合っちゃいけないんだよ。

 

ダメもとの二つ目。。。

 

ガチャ。

 

ん???

んーーーーー???

 

 

「前日に慌てて準備してるからこんなことになるんだよーーー!!」

普段は長女に逆らえない次女。

絶対に反撃を受けない状況と判断した次女は、ここぞとばかりに大逆襲(笑)!!

 

メーカーも大きさも全く違う旅行バッグ!
カギの形も大きさも、もちろん違うけど。。。

 

開いちゃった!!!

つか、本当は開いちゃダメじゃね?って言うね。

大丈夫!?セキュリティ???

f:id:mihokondoria:20160528060510j:plain