読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

○○新聞襲撃事件 後編

しばらくして帰宅した父ちゃん。

とりあえず笑ってるところを見ると、無事に解決したようだ。

 

で、落ち着いて話を聞いてみる。

 

その男は単なる新聞勧誘員だったそうだ。

我が家のピンポンを押したと同時にライトに浮かび上がった会社の名前が目に入り、パニックになったらしい。

 

私たちは小さな会社を経営している。

その男は「○○興業」という社名を見て

 

「8・・893???」

 

と思ったそうだ。

「興業」と付けば、みんな893なのか?

とは言え、父ちゃんの顔は前科者。後ろ姿も前科者。シルエットも前科者。

(優しいんだけどね)

 

で、逃げたわけだ。

ダメでしょう。

ダメですねー。

 

父ちゃんが見たインターフォンの画面は、逃げる男の姿を映していた。

我が家はマンションの3階。

こんな時代にピンポンダッシュだなんて、しかも必死に逃げてる姿を見たら、何か悪い事をする奴に違いないと思うのは当然のこと。

家族を守るため、命がけで犯人を確保した!!

かっこいいぞ!!父ちゃん!!

 

ところが、交番では

「いくらなんでも、ここまで叩かなくても。。ねぇ。。」

と、警察官。

 

骨が折れて、鼻血が止まらない新聞勧誘員。。。 ←(ごめんねー。でも、逃げなきゃこんなことにはならなかったのに。) 

 

高校時代は相撲レスラーだった父ちゃん。

アルプス一万尺で、私を突き飛ばした父ちゃん。

吹っ飛んだ私は、ローボードのコーナーに背中を強打したっけ。。。

懐かしい思い出。

柔らかくて軽いものが苦手な父ちゃん。

豆腐を箸でつまむのは、苦手。

 

そうして、道路一面に散らばった小銭は魔法のように一瞬でなくなり、踏んだり蹴ったりの新聞勧誘員。。。

どうなったのか詳しくは、ここには書けないって言うね。

残念❗❗