読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

○○新聞襲撃事件 前編

かれこれ10年近く前の出来事だろうか。

薄暗い夏の夜。

帰宅したばかりの父ちゃんは、子ども達の「お帰り攻撃♡」を受けていた。

「ピンポ~ン♪」

と、来客を知らせる音。

対応は、たまたまインターフォンの目の前に立っていた父ちゃんにお任せした。

が!!

インターフォンの画面を見た途端、無言のまま、ものすごい勢いで自宅を飛び出した父ちゃん!

何が起きたのかわからない私たち。

 

ダン!!! 

ダン!! 

ダン!

 

と、階段を降りる音が響く。

ここはマンションの3階。

慌てて、部屋の窓を開けて外を見た。

 

先に玄関を飛び出して来たのは見知らぬ男。

襟首を捕まえた父ちゃん。

 

と 「てめぇ!!誰よ!!」

男 「すいません!すいません!!」

と 「何しに来たのよ!!」

男 「すみません!」

 

心臓がドキドキする。。。

格闘技は嫌いじゃないけど、リングサイドで見守る妻の心境とはこんな感じなのか。

 

道路に飛び出し、もみ合っている2人。

と、男が手に持っていたハンドバックを道路に投げ捨てた。

飛び散る大量の小銭!!

 

ジャララララーーーーーーン!!!!

 

まさかの、さい銭泥棒!? 

 

その隙に逃げようとした男は再び父ちゃんに捕まり

「警察行くぞ!!」

の声とともに自宅裏の交番に向かい、2人の姿は見えなくなった。

 

何がなんだか全くわからない私たちは、ドキドキしたまま、言葉少なにリビングで父ちゃんの帰りを待った。。。