読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

特別支援学校 ④ 転学

ボスの一言から始まった転学計画!!

異端児的な彼女の存在、彼女に憲宗を預けてみたいと思っていた。

だからと言って、幼稚園からストレートで特別支援学級へ通うのは厳しかったし。
なにせきちんと椅子に腰かけているところを、あまり見たことがない。。。
プールを楽しんだあとは日向で昼寝しちゃってるしね、先生が気がつくと園庭のフェンスに登ってる。。。(← けっこう高いって言う)
まだまだ「人間」と呼べるには遠かった。。。

そんな憲宗を特別支援学校での環境が「人間」らしく成長させてくれたおかげで、今の憲宗ならボスに託せると。私の中で転学が現実的になった。

 

幼稚園での1年間、そして特別支援学校での1年間は大きなステップだった。

特別支援学校の担任K先生は憲宗に接するその感覚が、完璧だった。

厳しさも、優しさも。甘やかしすぎることなく憲宗自身をしっかりと認め接してくれた。

これよ、これ!これー!!
私が憲宗に求めていた「小学校生活」とは!!これなのよーー!!

サポートするN先生は、憲宗のボケに完璧なほど突っ込みを入れてくれるおかげで、笑いが絶えなかった。

そして、エネルギーの塊みたいなコーディネーターのМ先生。

今でも私たちをサポートし、転学の時にも私の背中を強く押してくれた。

みんな淋しいねーと言いながらも、憲宗の将来を考え笑顔で送り出してくれた。

反対していた唯一の先生の言葉もまた、私たちを思うゆえ。

なぜなら、前例がなかったのだ。

支援級から支援学校への転学は当たり前にあるものの、その逆というのは長い歴史のなかでも初めてだったそうだ。

ゴクリ。

事実を知って、改めて気が引き締まった。

 

最後の日、全校生徒の前で立派に挨拶した憲宗。

f:id:mihokondoria:20170322142725j:plain

なんせ目立つの大好きだから。超優等生(笑)

普段からやれよ。

 

教室で、お友達や先生にもお別れの挨拶。

スクールバスが出て、静かになった校舎をあとにしようとしたら。。。

たくさんの先生、職員の方が集まって手と手を取り、突然!私たちの目の前にアーチが出来た!!

「頑張れー!!」

「頑張れー!!」

突然のことで堪える間もなく、涙が溢れた。

一番大きな声で送り出してくれたのは。。その声の主は、最後まで反対していたあの先生だった。

 

ありがとう。

私たちの味方はこんなにたくさんいるんだ。