読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

⑫ 長女にお鍋でご飯を炊かせた理由

私は炊飯器を持っていない。

抗がん剤の副作用で、私は冷たいお水に触れる事が出来なくなったため、長女がご飯を研いで炊くと言う役割を担うこととなった。

毎日、毎日ご飯を炊かなくてはいけなくなった長女の為に、炊飯器を買おうかと考えたのだけれど、一瞬で思いとどまった。

 

考えてみたら、私は家にいる。

付きっ切りで教え、見守ることは出来るのだ。

それに、少しくらい難しいことの方が、仕事としてはやりがいがあるんじゃないかな?

普段のお手伝いとは少し違う今回の任務。

絶対に長女がやらなければいけない重圧。

そうした状況の中で、お友達には出来ない事が自分には出来たら、ちょっと嬉しいだろうし、ちょっと自慢になるだろうと、そう思えた。

 

炊飯器でピーっと炊かさったご飯は、たいてい上手くいく。

お鍋だと、そう簡単にはいかない。

だからと言って、小学校5年生の子に出来ないほど難しいことではない。

 

私の判断は正解だった。

何が良かったって、毎日、毎日、長女を褒める事が出来たから!

「美味しい!今日も上手に炊けてるー!!」

長女は誇らしげだった。

そうして、寝る前には私が長女の手にハンドクリームを塗る。

我慢してしまう長女に、そんなスキンシップも出来た。

 

思わず手が出て、甘やかしてしまいそうな今日この頃。

体が動かないから子育てが出来ない訳ではない。

例え動けなくなくなっても親として見守る事、出来ることはたくさんあるんだと言うことを体感して、いつか誰かに言われた言葉を思い出した。

 「死んでも子育ては続く」

 

長女は一度もいやとは言わずに、毎日毎日、お鍋でご飯を炊いた。