読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

ブログのタイトル

先日、テレビ東京の密着取材を受けたことをきっかけに、私たち家族の時計の針が5年前に戻ったような感覚になりました。

気がつけば、私のブログには「子どもへの告知」以外は記録していません。

これもたまたま医療者向けにお話しする機会があったから、記録したようなものです。

日々の子育てに夢中で、普段はあまり振り返ることのなかった私の闘病について、この機会にブログにまとめることにしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このブログタイトル、この言葉は憲宗が私に投げ掛けた言葉。

 

順風満帆に見える私の子育ては、最初からずっとそうだった訳ではない。

一番辛く苦しんだ時期に、私は笑うことが出来なかった。

憲宗もまた、社会からの差別や大人の心の歪みを敏感に感じとり、深く傷ついていた。

 

「社会から切り離して育ててはいけない」

 

憲宗の主治医が、何でも受け止めてくれるおおらかな主治医が唯一、これだけはしてはいけないと言っていた。

 

耳が聞こえず言葉を理解出来ないその頃の憲宗にとって、「事情」も「都合」も通らない。

理不尽な毎日に社会への不信感は日に日に大きくなった。

家から出たがらない憲宗。

「このまはまではいけない」と、憲宗を連れ出そうとする私。

出掛ける身支度を始めると、裸になって火の着いたストーブに体を打ち付けたり、走っている車から飛び降りようとしたり。。。

苦しんでいる憲宗を見ているのは、辛くて苦しくて。それを吐き出せず、目の前で起きている現実を受け入れることも出来ず、理解のない社会への怒りは私の体の中でがん細胞となった。

 

幼稚園に通うことを止め、自宅で過ごす様になると、憲宗は穏やかさを取り戻した。

私の膝に乗っては顔に触れ「笑って。笑って。」と目を見つめる。

そして同時に、この言葉を投げ掛けてきた。

 

「ボクはここにいるよ。かーちゃんはどこにいるの?ちゃんと今を生きてる?」

 

過ぎたことばかりがグルグルと頭を巡り、心は過去にいっていた、私。

そんな私を現実に引き戻してくれた、強い言葉。

 

今を生きる。

 

私にとって憲宗はシャーマン。

私を導いてくれるこの子から目をそらさずに、痛みも苦しみも全て味わい生きていこうと誓ってから、私の中の怒りや憎しみという感情は徐々に消えていった。

 

 

 

テレビ東京「ニュースアンサー」ホームページ。

www.tv-tokyo.co.jp