読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

オレオレ詐欺にはご注意を!!

実は最近、北海道では「オレオレ詐欺」の被害が再び増加傾向。

啓発活動の一環で、ここにアーーーーーップするのは、知人Tさんが振り込む間際まで気付かずに、すっかり息子だと思い込んでしまったという体験談です。プラス、武田家の体験談も是非とも今後の身を守る参考にして頂ければと思います。

身近な人の、普通の一言がこんな展開になってしまうだなんて、驚きでした。

 

Xデー。 自宅の電話を取ったのは、Tさんのご主人でした。

Tさんが電話を変わると、受話器の向こうの『息子』から

「意気投合した女性と一晩遊んだら妊娠させてしまい、彼女が仕事を辞めなくてはならないからと弁護士を通じて300万を請求された。こちらの弁護士が150万で和解出来るように話をつけてくれたから、どうかお金を貸してほしい」

との話だった。

そんなの五分五分の話じゃない。
しかも300万が150万て、随分と話がいいわね。

と、思いつつ

「そんな金額はすぐには用意できない。2~3日はかかるわよ」

と、答えたTさん。

 

この手の詐欺は定番中の定番。

バリバリのキャリアウーマン。今でも仕事とボランティアに忙しくシニアリーダーでもあるTさんは、傍から見ると、オレオレ詐欺には絶対に引っ掛からないタイプ。

では、どうして振り込むぎりぎりまでTさんは気付かなかったのか??

 

最初の電話を取ったのはご主人でした。

「息子からの電話だ」 とご主人に言われ受話器を受け取ったTさんは、息子の声がいつもと違うことには気づいたものの、最初のご主人の言葉で完全に息子だと思い込んでしまったそうです。

 「携帯は壊れてドコモで借りてるから番号が違う」という話も、絶対に息子だと信じている状況では疑うことがないんですね。

本当に他人事ではありません。Tさんはお金を用意する間際に、ちょっとおかしいかな?と気付き、振り込みをまぬがれました。
みなさん、気を付けましょうね。

 

因みに武田家の体験談を一つ。

久しぶりに実家に電話をかけた父ちゃん。

 

父ちゃん 「あー、オレ。。。」

武田母 「家には息子なんていなーーーい!!」

ガシャン!!

ツーッ。。ツーッ。。。

 

武田母、最強。