読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

🍧夏休み家出合戦

憲宗の成長

気が付くと憲宗がいない。。。

 

はぁ。。。またか、消えた少年。

憲宗の家出は今に始まった事じゃない。そーとー年季入ってますよ。

テーブルに並んだ晩ごはんを見ては、「気に入らない」と裸で出ていった。

堂々と全裸で歩く姿は、まさに原住民イゾラド。
ここって南米だった?と錯覚。

でもって、裏の駐在のお巡りさんを従えて、どうだと言わんばかりに帰宅。

最近は衣服をまとってるだけ、まだまし。

随分と現代人らしくなったもんだ。

 

夜中に目が覚め、私が背中を向けて寝ていることが気に入らず、家出。

私が長女や次女と忙しそうに話をしていると、仲間はずれか。。と、家出。

私が疲れてソファーでうとうとするのが気に入らないと、家出。

しゃーねーだろー。

アスリートでもないのに、お前さんと毎日プールだのスケートだのって 。

疲れて寝るわな。

 

つか、一時は落ち着いてたんだけどなー。

家出行為に疲れ、主治医に相談すると意図も簡単に答えが返ってきた。

「やり返したら?」

って。

 

私 「やり返すの??」

主治医 「そう、やり返すの」

私 「やっぱ、そんなもん?」

主治医 「うん。そんなもん」

 

てー事で、やり返したあの日からは、落ち着いてたんだけれど。。。

この夏休み、頻繁に繰り返される家出に体力、気力の限界を感じた私も負けじと

「沖縄行っから」

つって、日本地図を見せ、右手で飛行機の手話サイン。

「じゃぁな」 つって。

半泣きで抱きつく憲宗。

 

さすがに沖縄に行かれては困ると思ったのか、憲宗は「ぼく、いい子だよ」アピール。

夏休み終盤に、家出合戦もやっと終息。

 

そもそも今年の夏休みは、デイの利用が増えたから楽になるだろうと思っていたのが間違いだった。

憲宗がデイに行ってる間には、長女の三者懇談、次女の野球部の車出し、応援。。。エトセトラ。。。エトセトラ。。。

 

なめんなよ夏休み、そんな甘くねーぞー。

 

そしてデイに行きたくない時は熱を出す憲宗。。。謎の体温コントロール

これも、いつもの事 (T_T) 

 

過労の証ヘルペスが私の体のあっちにも、こっちにも。。。

全く休めないのに「夏休み」ってネーミングがこれまた腹立つんだよなー。