読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

ネコ、サバイバルを生きる❗ 前編

ネコ

さぁ❗ 夏休み恒例のキャンプー❗

行ってみよーー❗❗

って前日は雨も雨だよ、大雨。

当日の予報も一日中雨だけれど、晴れ男憲宗を信じて決行した訳ですよ。 

札幌から車で2時間、到着すると予報にはなかった晴れ間が~♪

さすが❗ 晴れ男、憲宗~❗

ヒュー♪ヒュー♪

早速、 今回のメインイベントであります~ボート遊びを楽しみ、ピザと焼き肉を食べ、五右衛門風呂でさっぱりな一日~♪♪♪

 f:id:mihokondoria:20160730165731j:image

f:id:mihokondoria:20160730165531j:image

f:id:mihokondoria:20160730165505j:image

今度は泊まりで来たいな。星がきれいだろうな。。。なんて思いながら大人が片づけに忙しくなると、哀しいかな、事件は起きる。。。

 

かーちゃん!!!

ネコがいない!!!

 

 

なんだとぉぉぉーーーー!!!!! 

 

 

 

かくかくしかじか、事故が起きる時ってのは、ちょっとしたタイミングの悪さなんかが不運なほど重なってしまうもんでね。。。

いったい全体どうした事か、今朝はネコを連れて来ちゃっちゃった訳で。

で、車から降ろさない約束が、降ろしちゃった訳で。。。

 

皆で探したものの、この広大な山の中、小さなネコは見付からず。。。帰宅時間が迫り、泣く泣く帰路についた私達。。。

余りにも自宅から遠すぎるその場所の地主さんに後を託し、「後日また来ます」と言うことしか出来なかった。。。(涙)

 

車内はまるでお葬式。

キャンプには行かなかった父ちゃんと長女。

長女はショックと怒りで、ほとんど口を利いてくれず、父ちゃんがパイプ役となってくれた。

ネコを抱いていた温もりが忘れられず、鈴の音を聞けばそれは空耳で、食事も喉を通らない。 

 

外は警報が出る程の大雨がいつまでも止まない。

キツネにたぬき、ヘビや熊もいると言うのに。。。小さなあの子は体を震えさせて怯えているかと思うと、涙が止まらない。。。

ごめんね。

ごめんね。

お願い。どうか生き延びて。。。