読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

牛乳パックとウォーキングマシン 後編

魔法のイスのおかげで一人で座り、楽しく過ごす時間ができた憲宗。

それまでは私が膝に抱いて本を読んだりしていたので、憲宗の表情がよく見れなかったのだが、向き合って座ることが出来るようになり、楽しくて仕方なかった。

座る時間は日に日に長くなり、安定感も増してきた。

1歳の誕生日を数日過ぎて、おかしなずり這いを披露♪

どんどん筋力がついてきて、次のステップを考えるまでになる。

 

父ちゃんが提案したのはウォーキングマシン。

最初はピンと来なかったが、どうやら子ども用のものがあることを父ちゃんは知っていたのだ。

しかも、その店はトイザらス!!

大至急お店に向かい、速攻で購入!!

 

ここからは父ちゃんの腕の見せ所。

中古車のハンドルを手に入れ、ウォーキングマシンの正面バーに取り付けた。

試しにカラカラとハンドルを回した途端!!

 

「オレのマシンに触るなー!!!!!」

 

と、凄い勢いで立ち上がってハンドルを握る憲宗!!

威嚇して、ほかの人間を寄せ付けない!

いや、作ったの父ちゃんだし。

 

そんなことは関係なし。

目はキラッキラ~☆☆☆

ご飯も食べずに、どこまでも運転!!

 

男の子のDNAを刺激された憲宗は、寝ても覚めてもハンドルを握り、地球1周はゆうに走行した結果、筋力アップにつながるという訳で。

その後「低筋張乳児」という診断名は、カルテから消えるのであった!!

 

f:id:mihokondoria:20160226134609j:plain

 

自分の力で座り砂遊び中。だいぶ安定してきた頃。

おもちゃに手を伸ばして、パタン。と倒れることもしばしばあったなぁ。

筋力はついたものの、右耳を失聴して表情が乏しくなった時期。

笑ってる写真がない(涙)