読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

夢の珍婚旅行 前編

「新婚旅行に行って来い」ってほぼ業務命令で与えられた父ちゃんの有休。

それも突然。

休みはもらえないはずだったのにー。と、文句言ってもしょうがないから、とりあえず旅行計画!!

どこに行く???

つっても、ツーリング好きだった私は、旅行経験はほとんどない。

ましてや海外旅行なんて、想像もしたことない。

とりあえず韓国に焼き肉食べに行くのはどうか?と、旅行会社に勤めていた、姉の友人に相談した。

「今はタイがブームだよ。3泊出来るのだから、タイにしたら?」

と勧められたまま、行先はタイに決まった。

 

パスポートだなんだかんだと準備が整い、いよいよ新婚旅行だー!!!

楽しむぞー!!!

 

久々の飛行機♪

動き出した~♪♪

離陸~♪♪♪

 

って、はんぱなく痛いんだけど。

父ちゃんが握ってる私の手。

力入りすぎで、ロマンスなんて感じられない。

 

と、父ちゃんの手から力が抜けた。。。ぐったりしてる。

は??

寝てんの?

とりあえず様子見。

 

 成田に着く少し前に目覚めた父ちゃん。

「大丈夫。慣れた!次はもう大丈夫!」

と、意味不明な発言。

どうやら飛行機は大の苦手だったらしい。

寝てたのではなく、気を失ってたのか。

 

成田で乗り換え、またもや離陸~♪♪♪

 

って、今度は歯を食いしばって耐えた父ちゃん。

しばらくすると深い眠りに zzzzzzz

 

話し相手のいないフライト。

 

長いねー。

 

「体がおかしい。。。」

目覚めた父ちゃんが訴える。

 

何を言ってるんだかと、思いながらもCAを呼んだ。

 

発熱!?

 

この時何度だったかはもう忘れたけど、とにかく辛そうにしていたから「座席を移りませんか?」との案内に従い、二人でゆったりとした座席に移動した。

周りは外国人。

父ちゃんに集まる視線が熱くて、頭の上の氷が解ける。

 

飛行機は夜のタイに到着。

長いフライトを終え、ガイドさんと合流。はぁはぁ言いながら事情を説明すると

「とにかく今日は遅いから、何かあったら明日の朝連絡ください」

とのことで、私たちはホテルにチェックインした。