読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

スキー場は危険がいっぱい!

「とめてーーーーーー!!!!」

 

って、私の大声も雪に吸収されてしまう、ここはスキー場の山頂。

リフトを降りた憲宗が向かったのは上級者向けの「北壁コース」。

超ハの字。プルークボーゲンの上級者なんていませんから。

そして「北壁」と言う名の通り、まさしく絶壁。

私の悲鳴を聞いて、次女が憲宗に滑り寄り「こっちは行かないよ」と伝えてくれて滑落の危機を回避。ホッとするのもつかの間、急いでスノーボードを履かなくちゃ。

 

スキーがあまり得意ではない私は、スノーボードで子どもたちをスキーに連れ歩く。

両手がフリーな点は良いけれど、“世界のYAZAWA”並に「待つのが嫌い」な憲宗は、私がボードを履いてるうちに姿を消す。。。

迷子になって困るくせに、なかなか治らない。

何度も「かーちゃんと一緒!!」と伝えても、うんうん言っていなくなる。

高速リフトを一人で乗ってるのなら、まだカチンと来るだけ。

次女と手分けして探しても見つからず、そろそろ誰かに相談しようかとスキー場スタッフに近づくと。。。

 

バリ バリ バリ

 

と、耳をつんざくヘリの音!

 

「えっ!?まだ呼んでないけど!!」

と、一人焦っていると、スタッフがスキー客に

「バックヤードの捜索ですね~」

と話している。。。

 

あっ、そう。そうだよね。ヘリが来るわけないか。

なんて思い視線をゲレンデに戻すと、上から超ハの字の直滑降!

しかも、猛スピード!!

間違いない!憲宗!!

と、再会に熱い抱擁。

 

毎年、毎年、二度と会えないんじゃないかと思いながら楽しむスキー。

低筋張児で、歩けなかった憲宗がスキーを楽しむなんて夢にも思わなかったー。

見よう見真似で、今年はターンも出来る(笑)

 

お尻ブレーキばかりの頃は、スキーウェアのお尻もペラペラになってたけど、今年は違うぞ。

 

次の日の朝は、私の左手首が腫れてて痛いっていう、怪奇現象が現れたけどね。

f:id:mihokondoria:20160112090430j:plain