読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと今を生きてるかい?

耳が聞こえず言葉を持たない息子が教えてくれたこと。「未知数なぼくたち」絵会話アーティスト武田憲宗の活動や家族の日常を記録。金髪で、がんサバイバーの母ちゃんは気合を入れて子育て中。

長女と次女の成長

まさかのテレビ東京! 密着取材!! 後編

迎えた取材日。 ほんのわずかな打ち合わせを済ませ、先ずは手話サークルへ。 放送ではカットされていたけれど、私の日常を撮影したいとのことで手話サークルでの学習風景も撮影していた。 帰宅して私のインタビュー。 子ども達の話に、目を赤くするプロデュ…

⑫ 長女にお鍋でご飯を炊かせた理由

私は炊飯器を持っていない。 抗がん剤の副作用で、私は冷たいお水に触れる事が出来なくなったため、長女がご飯を研いで炊くと言う役割を担うこととなった。 毎日、毎日ご飯を炊かなくてはいけなくなった長女の為に、炊飯器を買おうかと考えたのだけれど、一…

性どっちでもいい障害 ~次女の卒業式~

スポーン!! と、飛び出すように産まれてきた次女は長女と違い、成長は少しゆっくりで、夜はとても良く眠ってくれる赤ちゃんだった。 どこから見ても女の子で、小さい頃はビビッドなカラーの服が良く似合っていた。 1歳9カ月で憲宗が生まれ、お姉ちゃんに…

長女の卒業式に思う

3月15日。 私の誕生日と重なり、長女の中学卒業を迎えた。 「大きい!!大きいっー!!」 と、助産師さんの叫び声とともに誕生した長女は2000年ベビー。 泣きやまずに途方に暮れることもあったが、育児書よりも早い段階で成長してくれる姿に、ただた…

武田家の都市伝説

私はよくこんなことを尋ねられる。 「憲くんのお兄ちゃん、元気ですか?」 と。 まぁ、私も普通に答えるよね。 「元気ですよー」 って。 因みに長女はよく 「弟は何人いるの??」 と、聞かれるそうだ。 憲宗にはお姉ちゃんが2人いるが、お兄ちゃんはいない…

地下鉄の女神さま 後編

命の危険を感じながらも、謝りながら帰りの地下鉄に飛び乗った。 やれやれ。 と。 帰りたくねぇーーー!!! 暴れる憲宗。 履いていた長靴をふっ飛ばし、ひっくり返る。 まだ地下鉄を見ていたかったんだろう。 けどね、ダメだから。 ホームをほふく前進だな…

地下鉄の女神さま 前編

憲宗の映画デビューはたしか「モンスターホテル」だったかな? 予告編も何も知らずに見たけれど、面白くて感動で大満足だった。 学校が振替休日で、平日なら混雑の心配はないからと6年生の長女、3年生の次女と4人で映画館に出かけたのだった。 街に慣れて…

小樽水族館①  娘たちの成長編

11月。小雨の日曜日。 長女の期末テストが終わり、このタイミングを逃すと次はいつ行けるかわからないからと、小雨決行で小樽水族館へ向かった。 突然のお出かけはいつものこと。 車の中でもみんな楽しそうで、ちょっと無理してもやっぱり良かったなーなん…

児童養護施設での様子

半年間の治療だった。 秋に始まり、寒さへと向かう。 体の細い憲宗は、冬に一人で眠ると朝には体が冷え切っていた。 朝、目が覚めると一目散に長女を探し、力いっぱい抱きついて、冷えた体を温めてもらっていたらしい。 涙なしでは聞くことはできなかったけ…

今気付いた「はなちゃんのみそ汁」

いつかの24時間テレビ。 闘病作品はあまり興味を示さない長女が「はなちゃんのみそ汁」を見るんだと、珍しく放送時間をチェックしていた。 24時間テレビは毎年8月。その頃の私は夏休みの過労で日々精一杯のことが多くて、その日もテレビを見る体力はな…